水力関連補助事業

  • 小
  • 中
  • 大

既存設備有効活用支援事業

令和3年度 水力発電の導入加速化補助金(水力発電の既存設備の増出力又は増電力量の
可能性調査及び更新等事業(既存設備有効活用支援事業))の
公募について

令和3年5月10日
一般財団法人 新エネルギー財団
水力地熱本部

一般財団法人 新エネルギー財団(NEF)は、本補助金に係る業務の公募を以下のとおり実施します。

1.件名

令和3年度 水力発電の導入加速化補助金(水力発電の既存設備の増出力又は増電力量の可能性調査及び更新等事業(既存設備有効活用支援事業))

2.事業の目的

水力発電は、エネルギー自給率の向上、CO2フリー、安定電源、安価な発電コスト等の特性から、資源の乏しい我が国の電力供給を支える重要な電源として期待されています。

本事業により水力発電の既存設備の出力向上を支援することによって、水力発電の更なる導入拡大を目指します。

また、近年の激甚化する自然災害により、想定外の被害を受ける水力発電設備が増加しており、災害の備えが急務となっています。レジリエンス強化に資する事業を支援することによって、更なる電力の安定供給を目指します。

3.業務内容

業務内容は、下記ボタンからダウンロードしていただいた公募要領をご参照ください。 PRリーフレットや補助事業事務処理マニュアルも合わせてご覧いただけます。

公募要領(調査事業)
要領全体(PDF形式) pdf(約684KB)
応募書類の様式 (Word形式)word(約151KB) (Excel形式)excel(約25KB)
公募要領(工事等事業)
要領全体(PDF形式) pdf(約716KB)
応募書類の様式 (Word形式)word(約150KB) (Excel形式)excel(約27KB)
公募要領ダイジェスト pdf(約285KB)
交付規程 pdf(約451KB)
PRリーフレット pdf(約329KB)
補助事業事務処理マニュアル pdf(約1.1MB)
PDFファイルをご覧になるためには Adobe Readerが必要です
Adobe Readerダウンロードページ

4.応募手続きについて

応募期間:令和3年 5月10日(月) ~ 令和3年10月12日(火) 17時(必着)
なお、一次締切は5月24日(月)、二次締切は7月12日(月)、最終締切は10月12日(火)(いずれも17時)です。
各締切時点で、予算額以上の申請があった場合は、公募期間中であっても公募を中止することがあります。

5.応募書類と提出先

公募要領にしたがって申請書、実施計画書、必要な添付資料をご提出ください。上記の表から応募書類の様式がダウンロードできます。

原則、Jグランツによる申請としますが、一次締切については電子メールでの申請も可能とします。また、二次締切以降の申請は、やむを得ない事情がある場合に限り電子メールでの申請を可能とします。

【応募書類の提出先、問い合わせ先】
〒170-0013
東京都豊島区東池袋3丁目13番2号 イムーブル・コジマビル2階
一般財団法人 新エネルギー財団 水力地熱本部 水力業務部
調査事業 担当:北川、 工事等事業 担当:大籔
TEL:03-6810-0373
メールアドレス:
注:お問い合わせは、上記メールにお願い致します。
電話での問い合わせについては、土日祝日を除く9:00~12:00及び13:00~17:00にお願いいたします。

6.公募説明会

公募説明会を次のとおりオンラインにて開催いたします。

・参加希望者は、以下の公募説明会の参加申し込みボタンをクリックし、必要事項を登録のうえ、お申し込みください。
・定員になると締め切りますのでご了承ください。
・参加申し込みの結果は申込者に電子メールでご連絡いたします。
・公募説明会への出席は交付申請の必須条件ではありません。
・第1回と第2回とでは、オンライン会議アプリケーションソフトが異なりますのでご注意ください。
日 程 開催方法 定 員 参加登録
第1回 令和3年5月13日(木)
13:30~15:30
(接続開始13:00)
オンライン
Google Meet
150名 btn_apply
第2回 令和3年5月14日(金)
13:30~15:30
(接続開始13:00)
オンライン
Microsoft Teams
150名 btn_apply
ページトップへ